Web-Gimmick Web制作と知識のメモ帳

WordPressでCSSの変更が効かない時にチェックすべき3+1のポイント。

WordPressでCSSを変更してFTPでアップ、CSSの変更が効かない!
サーバーには変更されてるCSSはちゃんとあがってるのに…。
よくあるやつです、これすごくイライラしますね。

結論からいうとたいていの場合はブラウザキャッシュ、キャッシュ系プラグイン、CDNが原因です。
でも今回は意外なとこでやられたので+1としました。

WordpressでCSSの変更が効かない時にチェックすべき3+1のポイント

キャッシュとは?

簡単に説明すると一度アクセスしたサイトのデータを一時的に保管して、
同じページにアクセスした際の表示を速くする仕組みのこと。

ページの表示速度をあげてくれるので便利な機能ですが、サイトを作ってる時や変更をした際には少し注意。

静的サイトの場合はブラウザキャッシュを削除するだけでたいてい解決します。
ですがWordpressなど動的サイトの場合には、キャッシュ系プラグインやCDNなど、
どこでキャッシュが残ってるのか判定するのが複雑になるのです。

キャッシュが削除できないときに疑う3つのポイント+1。

1. 普通にブラウザキャッシュ。

2. キャッシュ系プラグイン

3. CDN

4. サーバーの機能

1~3はWordpressをさわる人にとってはよく起こることだろうと思います。
今回は4のサーバーの機能でハマりました。
具体的にはXSERVERの「mod_pagespeed設定」という機能。

XSERVERでどうしてもキャッシュが残ってしまう時は「mod_pagespeed設定」を確認する。

「mod_pagespeed設定」ONにするとWebサイトの表示速度を改善してくれる機能。
具体的にはCSSファイル、JavaScriptファイル、画像の圧縮とキャッシュ有効期間の延長など。

これが編集中にONになっているとキャッシュがまったく消えてくれません。
サーバー側の設定でキャッシュトラブルは経験したことがなかったので、原因がわからずなかなか手こずりました。

編集中には「mod_pagespeed設定」はOFFにしないとですね。

今回はXSERVERでしたが、他のサーバーにも同じような機能があるかもしれないので、どうしてもキャッシュが消えてくれない場合はサーバー設定を疑ってみるのもひとつですね。

関連する記事はこちら

コメントをどうぞ

サイト内検索

Copyright ShitteLog All rights reserved.